post

[2022年版]カナダ留学にかかる費用

特にトロントやバンクーバーなどの大都市は人口の約半分が移民とも言われているくらいインターナショナルで、留学先に大人気のカナダ。

様々なバックグラウンドを持った人々が共存しているため外国人としても暮らしやすく、観光地としてだけではなく語学留学としてもとても人気です。

でも、やっぱり気になるのはやはり留学にかかる費用ですよね。

この記事では、カナダ留学の費用の相場からコストの内訳、実際の経験から生活にかかる費用の相場などを詳しく解説します。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】

1ヶ月滞在にかかる費用はいくら?

航空券(往復)10~20万円
海外保険3~7万円
VISA0円 ※eTAの取得に700円程
入学金1~2万円
授業料8~15万円
宿泊費15~30万円
食費3~7万円
携帯料金5000~1万円
合計40~60万円

どこの学校に行くのか、どこに滞在するのかで費用は変わってきますが、大抵の場合1ヶ月滞在に必要な費用の合計は40~60万円が目安です。

3ヶ月留学の場合 → 120~180万円
6ヶ月留学の場合 → 240~360万円
1年留学の場合 → 480~720万

現地に着くまでにかかる費用

航空券:10~20万円

航空券はシーズンごとに値段が変わります。往復で購入しておいて、帰りの分は変更可能にしておくのがベストです。

海外保険 :3万円~7万円

1ヵ月で大体3万円から。万が一のトラブルに備えて海外保険は加入しておくことをおすすめします。

VISA:1~2万円

1ヵ月以上のカナダ滞在には観光ビザの手続きが必要ですが、日本のパスポート保持者であれば、申請は不要。しかし、eTAと呼ばれる渡航認証手続きが必要です。渡航前に必ずオンラインで申請をしておきましょう。

eTAの申請にかかる料金は約7ドルです。

6ヶ月以上滞在する場合、学生ビザやワーキングホリデービザの取得が必要となるので、ビザ申請料として、ワーキングホリデービザ(Work Permit)は約2万円、学生ビザ(Study permit)は約1万円程ですが、カナダドルでの支払いです。

授業料:8~15万円

行く学校や履修するクラスによって値段が異なります。

学校によっては制服があることも。

私の場合、学校のオフィスで制服を借りました。留学生であれば制服はオフィスで貸してもらえるところが多いです!

宿泊費:15~30万円

留学生が宿泊する方法として「寮」「ホームステイ」「シェアハウス」とさまざまです。

10万円~20万円
ホームステイ7万円~10万円
シェアハウス5万円~7万円

この3つを比較すると、寮が1番高く、シェアハウスが1番安いです。

最初の1ヶ月をホームステイで、残りはシェアハウスを選ぶ方もいます。
最初は生活に慣れるために英語を話すご家庭に滞在し、比較的費用の抑えられるシェアハウスに移るという方法です。

英語重視で留学する方にはホームステイをおすすめします!

ホームステイの最大のメリットは、ネイティブ人と毎日交流ができるという点です。寮に比べて費用を節約できるだけでなく、英語力の伸びの感じ方が全然違うと思います。

英語環境を学校以外でも維持したい方におすすめです。

滞在中にかかる費用

食費:3~10万円

食費はどれだけ外食するかによって結構変わります。

自炊メインの場合は3〜4万円、外食中心になると10万円が目安です。

ディナー1回行くのにチップも合わせると40~60ドルくらいはかかります。

チップについては別の記事で解説しているのでぜひ参考にしてください!

携帯料金:5000~1万円

私は、もともと使っていたiPhoneをSIMフリーの状態で持っていき、カナダのSIMを入れて使っています。

カナダにはFree wifiがかなり充実しているため、データ数/GBはあまり多くなくても基本大丈夫です!

電話とテキストのみなど、必要最低限のことが出来たらいいという方には3GB / $35プランなどがおすすめです。

まとめ

以上がカナダ留学にかかる費用のまとめです。

同じ期間でも、滞在の仕方は人それぞれなので、費用も様々です。

目的や予算に合わせてプランを立てましょう!

Photo by Chait Goli: https://www.pexels.com/photo/high-rise-buildings-2124703/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP